Welcome!

無利息で借りられるカードローンの注意点

3月 3rd, 2015

無利息期間が付いているのカードローンは上手に使えば、利息負担ゼロでお金を借りることができます。カードローンを利用するときは大抵お金がないからという場合が多いので、返済の負担が軽減できるのは大きなメリットになります。しかし無利息は期限付きなので、実際メリットになるかどうかは使い方次第です。
無利息期間はカードローン会社によって、使用条件、無利息が開始されるタイミング、適応される期間が異なります。基本的には30日間としているところが多く、対象となるのも新規利用者のみと限定されています。そのため、どちらかと言えば短期利用に向いているサービスと言えます。一部の金融会社では一定額までならそれ以上の期間無利息になるところもあるので、自分が必要としている金額が条件に合うか調べておくと良いでしょう。
無利息が開始されるタイミングも、契約後であったり、借り入れ後であったり、またはポイントサービスへの登録が必要になったりするなど、カードローン会社や商品によって違います。ポイントサービスタイプは、ポイントを利用することで何度でも繰り返し無利息期間を利用できるという特徴があり、長期利用でもある程度は利息の負担を減らすことができます。
しかし無利息期間は基本的には短期利用に向いているサービスなので、高額融資で利用が長期間に及ぶ場合はあまり効果を発揮しません。長期利用になりそうな場合は無利息サービスに重点を置くのではなく、低金利なカードローンや目的に合った50万円借りる方法を選ぶようにして、金利の負担を抑えましょう。

消費者金融ランキングを大手で比較

2月 17th, 2015

お金を借入れする時、みなさんはどんな理由で会社を選びますか?
金利が低い、利息に負担が少ない……など色々だと思いますが、初めて消費者金融を利用する方は迷いますよね。
そこで、初めての方におすすめの人気ランキングで会社の良いところを比較していきましょう!
まず、大手の会社からです。
人気ランキング1は……アコムです!
HPを開くと一番最初にかかれているのが、アコムは初めてを応援します!のように、初めての方にはおすすめが沢山あります。
・現在金利ゼロキャンペーンを実施しています。
キャンペーンの期間は、2014年3月10日〜2014年6月30日まで
対象条件
最大30日間金利ゼロキャンペーンは次の条件をすべて満たした方に適用します。
・アコムに初めて契約する方
・返済期日(35日ごと)で契約された方
・キャンペーン期間中に契約された方
*アコムが不適当と判断した場合はキャンペーンの対象外となる場合があります。
*無担保カードローンが対象です。その他の契約(クレジット・借り換えローンなど)は対象外となります。
金利ゼロ期間について……
(ご契約日の翌日)から最大30日間が金利ゼロ期間となります。
(借入日の翌日)ではないので注意しましょう。
*金利ゼロ期間終了の翌日から通常金利が適用されます。
*金利ゼロ期間中の返済金額は、全額元金の返済に充てることになります。ただし、ATMなど手数料があった場合は、(ATM手数料)、(元金)の順に充当します。
次は・・・モビットの即日融資

アコムでお金を借りる方法〜後編〜

1月 24th, 2015

〜インターネットから申込み〜
インターネットからの申込みは、土日祝日問わず24H受け付けていますが審査時間は9時〜21時までとなっており、借り入れ審査時間内であれば本審査の結果まで受取ることが出来ます。アコムの公式HPにはインターネットからの申込みした場合、平日14時までに手続きを完了することが出来れば振込みを行ってくれる、と書いてありますが電話で問い合わせたところ「電話による申込みの場合は14時までインターネットからの申込みであれば平日14:30までに手続きを済ませることが出来れば当日中に振込み可能」とのことでした。また、「電話による申込みの場合は相手方金融機関の営業時間の関係で14時までとなっていますが、インターネットの場合、楽天銀行や新生銀行、三井住友銀行など15時以降でも対応してもらえる銀行があるので、14:30までに手続きを済ませることが出来れば振り込むことが出来ます。」ともおっしゃっていました。14時までに手続きが完了するか心配……14:30までに完了すれば確実に振込みしてもらえるか確認したいという方はインターネットから申込み後、電話で問い合わせしてみることをオススメします。ちなみに、振込先口座を楽天銀行にする場合は、21:00までに手続きが完了すれば土日祝日関係なく当日中に振り込んでもらうことが出来ます。
〜店舗窓口・むじんくんで申込み〜
店舗窓口の営業時間は平日9:30〜18:00(一部19:00まで営業している店舗あり)、むじんくんの営業時間は土日祝日関係なく9:00〜21:00(一部21:30まで延長しているコーナーもあり)で営業時間内に契約・カード発行してもらうことが出来れば即日融資可能です。
このようにアコムでお金を借りる方法はいくつかあります。即日借入れを希望される場合は審査が通れば確実に当日中に借入れできる方法を選ぶことをオススメします。

お金を借りる時に必要なもの

1月 24th, 2015

キャッシングの申込は簡単にできますが、融資を受けるためには審査があり、審査に通らなければ利用できません。
審査を受けるためには必ず必要になる書類があり、事前に準備しておけば審査を中断することなく進められます。
キャッシング会社の審査はそれぞれに違いがありますが、 基本的な必要書類などはほとんど同じで必ず必要になるのが本人確認書類です。
本人確認書類は、申込者が本人に間違いないことを確認する書類で、運転免許証があればまず問題はありません。
運転免許証がないときは健康保険証やパスポートなどでも本人確認書類として利用できますが、申込書に記入した住所と運転免許証などに登録された住所が違う場合、公共料金の領収証や住民票の写しなどが別途必要になります。
また外国人が申込むとき、就労や観光目的で来日しているひとは利用できないので、外国人が申込むときに必要な書類として外国人登録証明書が必要になります。
本人確認書類以外に必要になる書類として、給与証明書や納税証明書などの所得を証明する書類が必要になる場合があり、消費者金融では借入希望額が50万円をこえるときや、他社借入が有るとき、合計金額が100万円をこえるときは収入証明書が必要になり、銀行カードローンはそれぞれの銀行の審査基準に違いが有るので、借入希望額によって収入証明書類の提出を求められます。
特に急いでいるときはスムーズに手続きを済ませることになりますから、 事前の準備はしっかりとしておきましょう。よく読まれている記事・・・・お金 借りる 学生 未成年

消費者金融を利用した時の影響

1月 23rd, 2015

消費者金融でキャッシングをしたいけれど、キャッシングを始めると日常生活に影響は出ないかと心配されている人もあるようですが、キャッシングをしたからといって特別の影響はないと考えてもよいのではないでしょうか。
キャッシングの影響が出ると考えられるのは、消費者金融でお金を借りていることが将来住宅ローンやマイカーローンを申込んだときに影響しないだろうかとか、会社に知られることで何らかの影響はないだろうかといった心配だろうと思われます。
消費者金融からお金を借りたことがあるというだけでは何の影響もありませんが、問題なのは返済でトラブルことで、たとえば遅延を起こしてしまったとか、消費者金融の借入が複数社あるといったときは少なからず影響が有るものと考えるべきです。
キャッシングを始めると、信用情報機関の個人情報にキャッシングの利用履歴が記載されますが、遅延などがたびかさなると遅延があったことが記載され、複数社で利用していると複数社の借入も記載されます。
仮に住宅ローンを申込むと、銀行はこの個人情報から遅延があったことがわかると何らかの影響はあるものと考えなければなりません。
仮にお金借りるキャッシングをしていても、真面目に返済を続けていればかえって信用度が増すともいわれているので、キャッシングをするときは事前に返済計画を立てて無理のないキャッシングをすることが重要といえますが、絶対影響がないとは言い切れませんのでそれでも不安な時は利用を避けたほうがいいかもしれません。

プロミスの申し込み方法

1月 21st, 2015

現代は「眠らない街」と言われるようになっていますね。
様々な生活習慣や考え方が豊富にあり、昭和の時代のような決まったパターンの生活時間では無いため、昼も夜も関係なく活動の場になっています。
企業もこうした時代の傾向に合わせた要旨で様々なサービスを選べる種類を作り上げてきています。
特に金融関連(キャッシング)では、大手の消費者金融会社プロミスが、利用客が困ることの無いよう、申し込み方法なども沢山あります。
まずプロミス東京都で申し込みをする以前の前提条件があります。
年齢20〜69歳の方という年齢制限。
そして、主婦や学生でもアルバイト・パートなど安定した固定収入があることです。
上記を満たした方はキャッシングが利用可能です。
さらに申し込みに必要な身分証明証として、運転免許証や健康保険証、パスポートを用意しましょう。
そして収入証明書類ですが、希望の借入額が50万円を超える方、希望の借入額と他社との合算で合計が100万円を超える方は、次の書類の中から1つ用意します。
?最新の源泉徴収票
?最新の確定申告書
?給与明細書(直近2ヶ月と1年分の賞与明細書)賞与がない方は、直近2ヶ月の給与明細書で良いそうです。
その後パソコン・携帯・スマートフォンなどのインターネットから24時間365日いつでも申し込みができ、全国の三井住友銀行ローン契約機や自動契約機でも申し込みが出来ます。
またはプロミスの通話料無料で電話申し込みや、お客様サービスプラザの店頭窓口ではスタッフの説明で申し込みができ、誰にも会いたくない時は郵送での申込方法があります。

お金を借りるにはどうすればいいのか?

1月 10th, 2015

お金が必要になった時、どこからお金を借りようとするのでしょうか。
日常生活の中では、時としてまとまったお金が必要になる場合があります。
「生活費が足りない」「子供の進学費用が必要」「自営業の資金繰りに困っている」「車を買いたい」
このような様々な理由から、人はお金を借りようと考えます。
お金を借りる手段としては、多くの方法があります。
真っ先に思いつくのが、銀行や消費者金融などからお金を借りる方法です。
一定の収入があり、即日 お金を借りる審査に合格すれば、お金を借りることができます。
最近では、審査も簡単になり、低金利などのサービスも充実してきていますので、利用される方も多くいらっしゃいます。
国や市町村などからも、お金を借りることができます。
主に、低所得の方を対象とした融資制度が整っています。
こちらも、一定の審査がありますが、先の金融機関に比較すると、それほど難しくはありません。
しかし、所得に一定制限があるなど、条件面は細かく設定されています。
勤めている会社からも、お金を借りる方もいらっしゃいます。
従業員を対象にした貸付制度が、充実している企業では、低金利で利用することができます。
住宅購入資金など、一生涯に関係するお金で利用される方も多いのではないでしょうか。
その他にも、多くの方法でお金を借りることができます。
まずは、お金を借りる目的や、金額などをきちんと見直してみましょう。
そして、自分にあったお金の借り方を考えるようにしましょう。

キャッシング選びに悩んでいるならランキングサイトを覗いてみよう

12月 31st, 2014

消費者金融や銀行などキャッシングサービスを提供する金融機関は沢山ありますし、カードローンの種類も豊富なため選びきれない、という方も多いのではないでしょうか?ユーザーにとって選択肢が多いということは喜ばしいことではありますが、選択肢が多ければ多いほどどのカードローンにすればいいのか迷ってしまう、なにを基準に選べばいいのか分からない、という悩みも増えるかもしれませんね。
そんな時、ランキングサイトを覗き参考にしようと考える方も多いと思います。しかし、一言にランキングサイトといっても、低金利、無利息、レディース、消費者金融 即日キャッシング、フリーター・主婦でも借りられる、初心者でも安心の消費者金融ランキングなど様々あります。
また、例えば「低金利で人気のキャッシング」のサイトだけみてもサイトによって順位はまちまちだったりするため、余計迷ってしまうという方もいるかもしれませんね。しかしそれは、サイト構成やサイト管理者にもよりますし、人気投票によりランキングされたサイトであっても投票された方の年齢、職業、性別、目的などによって若干の違いがあるのは当然のことだと思います。
どうせキャッシングサービスを利用するなら1番人気のカードローンがいい、という拘りを持つ方は別ですが、そうでなければいくつかのサイトを参照し、常に上位にランクインしているカードローンの中から自分の目的にあったキャッシング・カードローンを選べばいいと思います。

消費者金融キャッシングのデメリットになるか?総量規制

11月 27th, 2014

最近では消費者金融のデメリットとして高金利であることよりも挙げられるようになったのが総量規制です。
改正貸金業法の中で、個人が貸金業から借入できる制限として金額が決まりました。
一律で決められているのではなく、借り入れをする個人の年収の3分の1を上限とする、というものです。
プロミスからの借り入れだけが対象となるのではなく、貸金業全体からの総借入額の合計が年数の3分の1を超えることができませんので、例えばプロミス、アイフル、アコムなどの消費者金融のほかクレジットカードのキャッシング枠も対象となっています。
分割ローンとなる住宅ローンや自動車ローンは対象となっておらず、また銀行も貸金業ではありませんので対象とはなっていません。
消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠だけが対象となっている総量規制の範囲になります。
総量規制は個人の多重債務を防ぐことを目的としています。
この法律ができる前、借り入れ金額が以上に膨れ上がり多重債務に苦しむ人は数多くいました。
借り入れ金額に制限がないというよりも、個人が借り入れしている金額の適性を判断していなかったというのが正しいのかもしれません。
現在では個人信用情報機関に申込者の債務を照会し貸金業からの借り入れ金額が年収の3分の1に抑えられていることを確認しなくてはならない決まりがあります。
総量規制がはたしてデメリットかと言えばそうでもありません。
よく考えてみてください。
年収の3分の1というのは非常に大きな金額になるはずです。